您的位置: 首页 > 游遍雁门关 > 雁门关泳いで > 正文

い祠

い祠に位置し、关城天险外の東側にある、延べ面積3190平方メートル、建坪1510平方メートル、雁门关で最も規模がもっともの一つだ。初めは明正德六年(西暦1506年)を記念するために、戦国时代に持ち帰った李牧に建ち、によると武安君祠廟、俗称李牧だった。1856年(咸豊六年)で、僧侶善全在李牧は祠の敷地に、市街地を建設する佛寺、改名の護国い寺。仏陀の寺になったにもかかわらず、李牧过ぎる轮书编集将軍は似ていて、い寺遂で仏陀の寺を中心に、兼祀李牧の複合建物だった。1937年に日本軍占領した後、雁门关い寺(現から壊灭的な破壊され、残っている。09年以降の名鎮(元通りに復旧に通り沿いに祠となり、展示姬幸)、李牧は、薛仁贵、杨家将など西周~明2600年あまりの間守関ジャニ名将展示場だ。再建築後のジン沿いに祠を再現した歴史上だけではなく、全盛期の規模形制だけでなく、新しい展示物と文化コンテンツを見比べる雁门关となって軍事文化の大きな窓口となっている。