您的位置: 首页 > 游遍雁门关 > 雁では門(食 > 正文

代县火

せんじる饺ンギド・ファソンシ・チャンアンミョン・トクチョンリ代县形になるためには、代县人の定番の一种の麺類コンビ。便法は:先に用の現地特有の黄菜、やりたくあん塩少々尋唐辛子、コショウ・みりん、ネギねぎ、胡麻油や食用油に混ぜるで作られているあん予備(加挽き肉味が甚だ);ぬるま湯で小麦粉活成再会団には、面索成の大きさの小さなブロックは、小麦粉を直径約七、八センチの自由で、あんを放してから自由で包んで半圆状の大きさの皿を切って半円を潰していながら、強化されて、その先のタンブラーの釜(または电饼铛)内にある蓬の灸焼きから、常にを返しながら、均一な加熱されないように、色になってしまったのか、やつれ両面丸々時すればいいものを新たに発表された。刚切り出した火外焦里スンドゥブ、もなかなかのものだ。