您的位置: 首页 > 旅游动态 > 正文

開幕当日の珍しい日晕雁门关旅游节現象が起きている

发布时间:2014-06-25  点击次数:601

本网スクープ报道:刘爱军8月19日まで一月の第3回中国だ。雁门关国際边塞文化旅游节が本格的に始まった。行事当日、10時頃、雁门关上空に異例の日晕現象が現れている。雄关边塞快晴で、一回りの完备している日晕如プルグァンずり現のような、とともに活版摺「かっぱ一周の虹は太阳に囲まれて、グラウンド・雄关要塞の上に君臨し、風景は非常に壮観を演出している。多くの観光客を写した現場を目撃した日晕奇観、たぶん持続的に1時間あまりかけて徐々に転身しなければならない。日晕現象が発生する可能性もあると代县数日連続晴れ熱暑さと関系があります。気象学的には「日晕中学に雨が降り、月晕午时風」かもしれないし、未だ降临の兆しを見せている。

さらに走っていく事は昨年雁门关主催旅游节イベント前日创竜大雨が絶えず、開幕当日の朝は雨が降って3番目のショットを尽しにあたって、主催側の空は、開幕式の前半時間ドカン晴れるものと予想し、活動が予定通り、今年に入っても、このような不祥事が起きた日晕现象を連想して起きなければならない人も舌を巻くほどだ。

資料によると、日晕は一種の大気光学現象は、日光を通じて巻階の云の時、冰晶の屈折たり反射によって形成された。ゴールが光云の中の冰晶巻階建てた後、2度に渡る屈折し、分散した各原色別に動く。雲に階建ての時、空の中に会を漂わせている无数の冰晶、太阳(たいよう)周辺で、同じ圏での冰晶でも同じ色に光屈折は、我々の目に形成内の赤外パープルの头がくらくらし始めた。空にあり冰晶で構成された巻階の云の時は、太阳の周りや二以上は太阳を中心に、内の赤外紫のカラーの輪を、時にはがたくさん出るカラーまたは白色のすりぬけと光弧、これらの輪とすりぬけと光弧を通称するだろう。