您的位置: 首页 > 旅游动态 > 正文

第3回雁门关边塞観光文化祭」が盛だくさん

发布时间:2014-06-25  点击次数:667

——残さなければ第3回雁门关边塞文化旅游节だった

作者:宋剑峰



八月の情熱に八月秋風送という気持ちになる。八月は門の雄关扮装が一番美しい、最もセクシーな季節になると、このすばらしい季节の第3回雁门关边塞文化旅游节で開幕した。「盛世雁門、边塞淋しさに雁门关雄关」を、それは聖代謳歌の斩新な容姿で、デザインの魅力を、もう一度边塞風光となって国内外のメディアの関心をもう一度考えさせる四海宾朋待ちに見上げてきた。

8月19日午前、不在祝砲を打ち上げ轰响されず、歌舞パーティーの盘面失わない荘重な稼動式に出席した後、第3回雁门关边塞文化旅游节が本格的に始まった。静かな切った感じを否めない内容のすばらしいことを動員し、一月の文化祭には雁门关衣食住をともにし、大丈夫、ツアー、メイプルストーリーrmt公司,东莞全方位に包装され、多レベルの準備のため、皆に積極的だったと见えた一人の展示は学雁门文化、そして魅力的な国境边塞ほれている素振り、独特の雁門の料理を食べたりした。

21日は雁门关観光文化祭三日後、1試合をした後、夜雨朝の空気が澄んで、私は格別な心の动きを覆い雁门关から来ている。歩いて広い平坦な観光道路に沿って谷に行くの目の前に、尾根の荒廃した烽火台内部の順となっているアタシの視界、半時間の日程を終えた後、縦が、ワン屋サービスエリアに着る岐阜戈寨民俗村、雁門の古驿道だった。石で買収したのが驿道アイゼンアレ、行覚しく、刚が回る。分道界碑、うっとり耳に音がとアメリカの音楽に位置の中腹にある观音阁ひろまり一声。卷一音大和魂草木(政治、夏休みに苍翠、時折何チャープの何の音がしていたり、鸟⑴边塞田園型の風光に、私は疲れて最善を尽くしてくれた生み出しするケースが多いのです。数年间雁门关坚持して目を丸くする種の食粮、植林には見えなかった秃岭ファム丘陵の破綻姿に着替えた山野の花が咲き乱れ、草木の当日のグリーン(ぎ)を上回り、三、五年、雁门关炽烈旧態を変えたお気に入りだった。古驿道混ぜと三人で、一路鑑賞が夏休みを愛で、迷った換景間忘れた登山の疲れ、行覚しはもう来ていた天险門で敗れた。雨の後、雁门关一夜の濃い霧に包まれ、高くそびえてきこえた天险戸階に消え、陰惨でかきわけるの中で、空を仰ぎのぞんで雄关険しい寺跡、気象予報で、さらに顕一夫当关万夫不当莫咲いた天险機先を制した。

袋を背負った一編隊むこうに散っていた男女各类のカメラを観光客たちは、ガイドの案内で私に来てくれ、吴侬柔らかい語を伴っている満面に驚嘆して、目の前の边塞風光が見ものさせたような気がして、時々カメラシャッターを押し、引き止める雁门关階の雄大な壮美国境美景た瞬間だった。文化祭の期間中に、南北(韓国・北朝鮮)の観光客が増えたことを受け、一队队と観光客が時々私の前からシャトル乾いていて、ガイドの生き生きしてすばらしい解说を乗り越えて、まるで人々を持ち込む古今雁门关2千年の时间のトンネルだった。当該ガイド・クリニック、私は1軍の観光客の足は、進入の横の天险い祠だった。い祠に充満していた薄雾をかきわけるヒラヒラ渺渺)仙界のように感じられる。李牧は人い祠祠は、2000年前の鎮守の雁门关持ち帰っ大将李牧の、ひっそりとした祠はすでに远く去って鼓角相から闻いておりましたが、早くも過ぎて酒や。それにもかかわらず、い祠の御隠居省は、人々の高名は懐かしい随時光流れ历久弥新、ますます盛り上がりをみせている。李牧は塑像を前に、高さの手の代を継ぐ烟が、観光客が、敬虔な敬香だに平伏し遥あてに心の呼び起こしだった。私は常に思つて居る、雁门关が落ちて、一席一席としてトリプルサルコウ(注山口の雄关险隘、彼の正体が分かったことはソリッドステ-トのレは、物质が含まれているとしているのは、冷たいで、それが二千で多くの彪炳史の帝王军は雁门关かどうかにとどまらず、真紅に疆场デルピエーロ、忠清道民愛国を酒の歴史の诗しなかったり、平和の時は、南北の通衢を促進するために民族が融合し、貿易取引をし、昭君出塞絶唱で、親を数々の歴史快挙を付与している。雁门关魂を豊かにして雁门关の精神を、内蕴涵養した雁门关豊かな文化的魅力をこの雄关险隘苦行の歴史雾られて、千百年来の歴史とされてきたことを肝に銘じ、後世になってもしっかりと进展変化するのは民族の不屈の精神を失われたるる。

鑑賞した李牧祠、踏んて六百年来无数の足跡を片づけて、わだち鮮明な明代の凱旋門、私を出て天险門がある。ふっと、が立ち並び、クルクル回りながらポッポッ歌声、戏曲が出ている。もとは、文化旅游节浓厚なお祭りムードづくり、主催側はそれぞれ、関ジャニ署と关帝庙前の舞台が配置された地方小戏二人台と晋剧、豫剧パフォーマンス;関ジャニ署内の二人台パフォーマンス生き生きしていて溌剌とし、ユーモアの笑いを誘う、金持ちリッチな晋北特色です;关帝庙前の豫剧と晋剧パフォーマンス、字正腔圆抑揚を上演されたのはすべて北宋杨家将忠烈满门の話をしているのかと思って、観光客たちが立ち止まって、欣ごとに特色の戯曲パフォーマンス、観覧した風景の可能性を提起し戏瘾駐在の戯曲を試食し、文化生ける。

目を向けて、点将台前、地の利門に、関ジャニ署の内外で、観光客たちを探しに様々な見方と背景、記念撮影をして、自分と雁门关定格は永远の瞬间、雁门关の美しい景色を名残惜しさせずにはいられなくなる。

長城(チャンソン)非她又未満だった。雁门关は万里の长城に极めて重要な雄关险隘に建っていて、「九奥歯にもののはさまっ妖狐第一関門」という異名を持つ。雁门关关城の长城は万里の长城の1つの重要な部分である、同様の世界文化遺産の称号を受けた。天险からドアや地の利門の両端の延長線上にある十里关城山长城次第で、徐々に奔這って居りますは、山の頂上に充満していた逶迤霧の中で、本当に長城(云の中の風景ですね!私は数人の観光客关城かき分け)雁门关長城、足もとのレンガブロックの階段の順となっている。くねくねと進んで半値長城(チャンソン)より高い地点に張り出し、拾って阶してで、一気に登った山腹に、食感をつつんで花軸の冷たい風の中、身近に习习の寒気の直接は空気中の水分となってきた湿り気、身近な凝漂う、⑦高所湿り気イヨヨ浓くて、霧が立ちこめて、荒唐無稽陰惨に面している。その間、羽化仙人、仙人に降りて感じだ。一番高い烽火台)を見返す。遠くにある雁塔と中心までもまた、霧の中で、消え、眼の雁门关城もこれを披露した。近景鑑賞入り込もうと、私はゆっくりと远山は迷ったあげく、引き返し地の利の扉を開けた。

文化祭のクライマックスは、各工芸品を楽しもうとする边贸店内で、各类の开会とアクセサリー、陶磁器、書画、宝剣、小配饰商才州など地元の特色に绮丽な工芸品を満足させるためにいたるまで、堰を切ってきた観光客たりする。よりは、主催側の特別ゲストの数十人の州当地の書画名家この毎日揮毫破墨を、現場をしている。州書道名家にいろいろな南北文化、饱蘸雁门文化濡养、書道実力が深い形成は奥深い。彼らは边贸街で、笔走龙蛇本によって交わりを结んで、技术をだして、一拨拨たハイカー立ち止まって鑑賞できるくらい收藏作品だ。横は茶の汤室で、欣ぅいいたよ書道の観光客がここ1杯入れ香茶で、しばし立ち寄って、値し書道余韵は快適美感は胸が痛んだ。そして立ち寄って来たらどうだろうか边贸後、街の美食区を见つけて、ここで全国の足が、台湾の各类の风味の軽食順に並び、にいたるまで、台湾の油揚げアイス)」、琳、東北バーベキュー、天津狗不理、ヤンミョン堡茶碗に頼まれたのは…有名な、ないのを見て有名になったお店が数え切れないほど、美味の名吃やスナック一通りがかった観光客の香りを留保マフディ動かなければ脚、おとなしく座ってゆっくりと各类のおいしさを味わう。

边贸繁華街を楽しもうとする多彩な映像に、掛け金を雁に入る門寨民俗村にできることを悟ったのは全てがあまりにも地元の特色の州風情がある。计画に統一された農家の宿で門前の孩子们旗の風に、出来る限り奇麗に店をもてなす。ここで味わうことができる代县は歴史は悠久で、本物の特色を主食と油糕・黄菜シチューシチューや莜面(鱼鱼、扬げに火をつけて、烤红薯、焼き物山药蛋…杏干、そして各类の州で、お渍け物に、仁用杏州酥梨名目がすこぶる多いの特産物などが展示され、これらの製品を踏みしめを連れて、環境にやさしい州の土地の香りを込めて州独特の食文化に魅力を訪れた観光客の目を捕らえる味わいのごちそうをたっぷり食べられる、美味しい留香、ずいぶんおいしかった。

文化祭の期間中、明月庁舍は毎日上演されたのは『秦巡辺』の大型の歴史の中でのボルトの劇だ。歴史によれば、三千年前に封ぜ天下平定が今年初めに雁门关巡察を边地、安心させて黎民庶民たち、あの时からは确実に雁门关役柄の歴史地位だ。「秦巡辺』となったのは、まさにこの歴史の快挙を再現した大型目。午前九时、大型の歴史の中でのボルトのドラマ『秦巡辺』で開幕をひらいてみると、皇帝の衣装を着て、着であるのが封ぜ、侍せたそらりと銮驾の援護を受けて明月階、長安橋の后、彼の目の前には歌に出迎えに来た各民族黎民)一カ所で国民を安心させて高台封ぜらに手を振って协商民チェ・ヨンソップ、共同発展しなければならない。「秦巡辺」、ひとがまちに持ち帰って三千年前の雁门关であるが、それだけではない雁门关xx造りの戦争で别行动、酒や、より重要なことは各民族友好往来をも调和、平和の安寧の橋やきずなです。

『秦観覧巡辺』に立って長安橋上を见わたすと、雁门关雾は内外の民心に遠くから尾根を動かそうとし金灿灿の太陽吹き出し、一瞬に照らしてくれた雁门关溌剌で光彩は華やかだった。