您的位置: 首页 > 旅游动态 > 正文

「感知美しい新山西」第8回全国ネット・メディアに代县雁门关山西行きを見学して取材した

发布时间:2014-06-25  点击次数:503

ネット・メディアの記者は景観区见学しに行った

(代县新聞弁公室の記者石俊文)が参加し「感知美しい新山西」第8回全国ネット・メディアの山西行大手取材活動支援の43社のインターネット・メディアの80を指導している記者たちは9月8日の午後に代县雁门关景勝地区の集中的な取材活動を見学して。打楽器参観観光して、みんなが代县、县委県庁乗変形越えの東風な推進に向けて、「観光强县」戦略を抱き、県内の力を坚持し、高い起点計画、高标准建設、気前の开発で抗する万古雁门关さを再び雄姿を実现して景勝地区ハードウエアの施設やサービスの質を高め、ブランドイメージを高めるので创举の飞跃的戦慄を感じだった。はインターネットメディアが、代县を利用して、县委県庁回復の開発雁门关スポットの善行が広報記事は良くて、本格的な「雁门关景勝地区」と「雁门文化」ブランドの認知度、注目されているか、思いを驰せの文化観光レジャーリゾートだ。

忻州市党委員宣伝部副部長が、李海亮インターネット新聞忻州市広報センター主任、赵宏伟代县县委常務委員、広報部長は、雁门关韩建保ぎっしり管理センター副主任らが随行温尚武を見学して取材した。雁门关ぎっしり管理センター副主任温尚武がインターネットメディアの記者らを紹介した雁门关ぎっしりの开発の運営だ。

ネットメディア山西行大手取材活動支援のマスコミなどが含まれている人民網や人が生き埋めになって、中新ネット・世界ツアー・中青网・央視網など中央ニュースサイトである11社、新浪や腾讯や捜狐)、ネットイーズ・鳳凰・天涯コミュニティなどの有名なビジネスサイトの6社も、北朝鮮側の網や長城網、大衆的ライブチャット,ライブチャット,凯迪红网、華城(ファソン)polaなど地方名門ニュースサイトである26社だった。ぐせマイクロ博雲南、南京の発表など韓国屈指の政務マイクロ博記者で代县雁门关景勝地区と説明している。

ネット・メディアの記者は雁门关景勝地区人元人垣ができて記念撮影をしている