您的位置: 首页 > 旅游动态 > 正文

「第3の目だけ」からして雁国の扉を開けた

发布时间:2014-06-25  点击次数:632

寒夜雁門


郭耀庭,山西省原平市人。系《鸟网》摄影家协会会员,山西省摄影家协会会员,《山西画报》签约摄影师,山西省检察官摄影协会副会长,忻州市摄影家协会理事,忻州市数码摄影家协会副主席。

郭耀庭、山西省の平市人だった。系「鸟ネット』の写真家協会の会員は、山西省の写真家協会の会員は、『山西イラストレイティッド」契約カメラマン、山西省検事撮影協会副会長、忻州市写真作家協会理事、忻州市デジタル写真家協会の副主席。作品は何回も『山西画集』、『山西老年』、『五大山(オデサン』などの雑志発表を何度も出席し、省市の撮影で展示して賞を受賞した。2011年に出版された『山光水色主筆五寨みぞ」写真集を行い、第11期さまざま国際写真節を獲得したのは、10大優秀画帖で賞を受賞した。2013年に中国で撮影が出版されたオフショット写真集「飞ぶ羽の轨迹』を発表した。

空「赤手空拳」には、なぜかは私が挫折した。

始终现世との観測が出ているこの句の中の「赤手空拳」は一体何の意味もない;と思っている人もあるはここの「空」チャチャチャ如信徒たちの话すの「色即是空、空はすなわち色」の原理が同じもの、见たところ「赤手空拳」なので、実際は网罗してこそ慰める奴だ……

実际立った雁门关トリプルサルコウ(注しつは銀紙座老いる関ジャニ階といくつか城壁の外ではない「赤手空拳だってできるだろうか。だろうが、それで賑わって写真家の目を引いた。彼らを口元に手の中のカメラを探して雁门关が与えた彼らの「慰め」だった。その「慰め」が歴史の古い淋しさに、戦争と平和の証しとしてではなく、巧夺天工の間で……にもかかわらず、誰かがそうした心の癒し用レンズ解析して雁门关だった。

郭耀庭、記者が「詩的雁門」の光のシリーズで取材のすべての写真家が独特の一人である。彼はレンズの下にだけでなく雁门关强にファン、注目を集め、更に直抵に、心にもおもしろい。どのように撮影雁门关は解読する前に、先に郭耀庭详しく述べて当面の現状を雁门关の写真作品を撮影し雁门关社長は、「今の人がたくさんいて、良い作品もある。しかしこれらの良い作品を问わず、素材だけは選挙景角度側が重複していた。だから俺は当面の多くの作品は雁门关に対する理解は相対的に狭量だ」と話した。

郭耀庭の作品は簡単な景色を撮影し、時代の気配が感じられる。このような時代には、歴史の再現だ。第1回で雁門杯長城国際写真大会で、郭耀庭となり、あるの荒廃した里門洞(トンデムング・イムンドン)の撮影で古くからの荒廃した1段の城郭だ。彼はその写真から一つの门出に深い名である「長城の目」である。結局、この作品、ここでの試合で賞を受賞した。また、郭耀庭で撮影された数枚の関係雁门关の作品で一番を利用できるように光の以小见大で、作品をよりはるかに重い。1枚から名前を『のろし雁門」の写真を利用した照明とうが再現された龙が雁门关で别行动が立ち込めていた光景に、一枚の「千年雁門」はは補修一新しい防壁を撮った古い長城ならではの神貌写真家たちをびっくりさせ同行するばかりである。郭耀庭でいつまでもが新たな雁门关荷重を撮影して古いが豊かな特长です。

郭耀庭羊は「雁门关は一种の文化遗存なら、それへの関心影人できなければならないとは関ジャニ階や長城の上に置いた。だって、関ジャニ階と城壁は観光客が见えるもので、影人撮影だけを専門とする客をしなければならないというのは『第3目だけ』を见直す雁门关。だから俺は相殺関税の文化・遗存、雁门关一帯の民俗や人情もこれに当たるという言葉がある。もはこのように、生身のシーンが溶け込んでいる作品の中では雁门关まさっの元気されなくても、このような雁门关こそより太くなった文化だ。これから撮影雁门关の作品はもっと课题を撮影风景がなければならないのも、撮影の民俗の特色をしなければならないだろう」と述べた。

斗転福田、ス万象。雁门关の郭耀庭に終始その独特の视点から见つめ城壁の気象を残して千年の古闭まっていなく、雁门关に含まれたがっている。



千年雁门

文/郝永峰