您的位置: 首页 > 旅游动态 > 正文

5年間の投資は3億8000万雁门关再現明代の全盛期を迎えている姿を現している

发布时间:2014-06-25  点击次数:573

5年をかけて、投資3億8000万元に達し、明代の雁门关や州古城に古い群は、数日が完全に回復している。二人並んでは、"を中国の伝统的な建築文化観光地」の称号が続き、省内さまざま古城に続いて、二番目のここに輝いた職場だった。雁门关別名西陉オフにしては、世界文化遺産の万里の長城の上での重要な関が広がり、「九奥歯にもののはさまっ妖狐第一関門」という異名を得た。が特別なの地理を演じており、雁门关時期を続ける。戦争の時に「黒城しようとするのでは、甲光どんな向日金鳞開」、普段、「商埠経済多路,財源が水流世代」に分類されている。古代の雁门关関ジャニ階にそびえ、关城雄固だった。雄关両側の長城ゆるやかに烽墩雉堞数百里(山々が蔓延している。しかし歳月が流れ、特に世纪の三、四十年代を侵略した日本軍の焼却し破壊され、雁门关関ジャニ階が撤去され、关城が焼失し、全体の雁门关3ゴールしか残っておらず、すねて十通洞(歴代古碑がある。09年以降、代县、县委県庁を開発雁门关文化として强县のゴッドファーザー工程,累計投資は3億8000万ウォンで雁门关完成地整備いこと、インフラ建設やサービスを购入した、生態環境正義、特徴文化を発掘し、観光マーケティングなど7大類106件だった。過去の洪水の浸食されたものの、耐える生き埋めになったとされる荒れ地に覆われた雁門に掃除されて出てきて、吾輩が届いて、青石板垛口砌起かかった。沿道はまだ復旧した观音阁・壮士亭、云际泉、雁池などの名所や风景。雁门关では元通りに復旧した天险門、地理門、苏州古城南北門の三道廃業を余儀なくされ、復旧に寧辺(ニョンビョン)棟、威远階と明月階にあった。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に位置関ジャニ南、関雁门关岐阜戈寨との村でも、過去の跡地に復旧した民俗文化村岐阜戈寨と雁门关を楽しもうとする边贸のため、仿古宿や商号、店舗と手作業で作業場を入手し、晋モン会館、供の観光客たちを体験することができる。(記者曹婷婷リポーター杨继兴)