您的位置: 首页 > 旅游动态 > 正文

风云気雄关息を吐いた

发布时间:2014-06-25  点击次数:579

——や、その他の山西関文化および边塞論じあっている



新築雁门关庫裏扬続い興撮す


作者:黄文新

山西省で、いろいろな山周辺と内の高山大沢雄大さを险关要隘多く広く分布している。、东北から南西呈写された分布する北京・开封)、安養(アンヤン)、洛陽、西安などの古都離れたところで、山西、最長の直線距離はわずか100 km。山西省北部で、)以外には誰もが、「ごく隣接国境地帯」だったから、数百ヵ所全省関を終えれば、京城の天然锁钥だった。ここの奇山異水、民族风情を育成して、昔から多数詩人である。私たちの山西诗友生活はさらに一歩進んで詠んでは御祝福します;詩人は旅晋さんと、また縁を結んだ。研究山西関文化、発生に山西の特色の北国诗风は、山西敍事していくものの重要な突破口が開かれた。

山西関(オフにして、隘、陉、口、堡(など)一千ヵ所、有名なのもは約500ヵ所だ。その配置概貌、周囲を「口」字型、北に殺さ虎口、勝つ堡、新平堡等;西の成湾口、いき口、注ぎ口など;東の太行八陉やのお嫁さん関など;南风が陵、随従渡、天井の関などが含まれている。境内を「大」の字型だ。「大」の字の一横が内の長城、主要诸葛亮孔明は雁门关、宁武関ジャニほっそりとした头关だった。左側にはまだ全然大同侵食盆地、テウォン忻定侵食盆地、临汾はじめ盆地と結びつくの関。右から太原盆地向东南と抑えから上盆地とその间の関や丹河河谷だった。四フレームこの中間の「大」の字だ。一つには、「」の字の「果」が発生し、唯一の関の文化があります。山西関文化は、山西、地域文化のうち最もユニークな部分である、その内容は奥深い。

まずは根(祖の文化があります。适度閉鎖と開放は物事の発展の条件だ。诸葛亮孔明の[せいひつ].静かと通路の役割を破壊し、人類の生存に适するという条件付きで、それで、黄河の母親の腕の中では中华民族のゆりかごを形成してきた。中华民文化の発祥地にさせる山西の一つだ。伝说の尧都浦坂・ウ一切使用邑は、山西に渡った。紫檀の遺跡、一部が形成された后の関。如:を除ク、疎通の水路、ウに孔孟門、黄河直新潟によって形成された、注ぎ口。通衢注ぎ口は秦晋は、独特の畑行船埠頭で軍事・ビジネス・観光中でいずれも特殊な地位だ。古今の過程は、これ题诗が多かった。例えば:明人陈维藩『注ぎ口秋風」:

昨夜のまま度ビンシゲラ鴻(いったり、禹功梧楸思考に注ぎ口波だった。

水中点秦晋と违い、2山の傍花峙古今一致していない。

秋風巻き起こされ、先夜晩日を迎え、とともに虹だ。

八載勤王側はレギュラーシーズンを切り成天险奏に壮河東(ハドン)だった。

紫檀で分かった先祖の創造の精神と開放の精神に加え、洪洞移民1つのから出ていくの開放的な精神である。「聞きたいことは、先祖をちこ山西洪洞大エンジュの木」を代々伝わって、ルーツ拝祖の韓人たちの足が絶えない。

第二は、軍事文化だった。険しい関に「兵家必争之地だった」と話した。歴史上発生に渡って合戦が始まった。如:秦越长平の戦や漢趙井陉戦や漢及び杉林白登戦になると、李世民宋金刚雀鼠戦い、郭子仪静边军戦)、宋遼白馬嶺戦になると、宋金杀熊岭戦)、李自成宁武关之战、そして編成演劇ご存知のように杨家将金砂浜戦などが含まれている。斩关夺隘酒、血の滲むように残した、出会い、血まみれ血痕も深い歴史沈殿物だった。中华的を守るため、精忠報国、前赴后继、可歌可泣だった。一例:だけ考え付いた唐・陈子昂>(ウィ大従軍」:

匈奴犹未滅、魏绛復从戎だった。

別の三水路によると、帐簿追6郡雄。

雁山・横田世代の北、狐の奥歯にもののはさまっ接雲中洞だった。

なかれ燕然で、唯留漢があった。

ここでの「匈奴」、学科は汉の时代から唐などと呼ばれている。魏绛、春秋语で、曾以和晋边患ディジョン政策を解消した。ここになぞらえウィーになる公算が大きい。燕然を指すものだ燕然山は、今回の「モンゴル人民共和国に渡った。漢拏(ハルラ)は、后汉へかけた燕然山の车骑将軍窦宪だった。彼はそこには纪功刻石だった。

この是一送別の詩は、儿女情长、惨め悲しそう之。正面から励まされ、今ではリレーなお話がエネルギーを作り出す。が、抗日戦争中であり、中国人民を利用して、更に可歌関打撃を受けるものとみられる。可泣日本植民地如:平型关大戦、忻口戦闘・雁门关伏击战などが含まれている。

長城の上に君臨して、雁门关立ったが、不屈の雄姿を从古到今では、山西のイメージ代表だった。

第3は、和合の文化があります。诸葛亮孔明も各民族は交際を融合した通路や橋やきずなです。民族やと衝突し、実现した北方遊牧民の草原の文化と中原漢民族の農耕文化の融合。「甲」曰く、「保合太乃利貞だった」と話した。は一つの共同体の中で、高度の統合と最大の調和が起こり、明るい将来をしなければならない。これは民族のテストの大切さを経験していた。明隆庆五年(1571)の開設のあちこち馬市で勝つ堡、新平堡、水泉営と張三部署が、山西。诸葛亮孔明商経学、を通じて明・清を形成した晋商グループだ。民族の融合は多面的なものです。、文化的な面においては、たとえば、元ものの成熟した過程が民族文化絡み合った過程だ。モンゴルはことの民族。元モン貴族好きの北方流行った単調だったにもかかわらず、このような「胡曲」のビット・リズムとスタイルが異なった于中原の清商や燕乐も、一部は勾栏爱好混迹漢族の古び瓦舍と芸能人に伍する、そんな短調が整うような独特の文学のパターン。もいくつかの文人のに利用する愤懑世相に来て、苦痛に広がっている。名无しさんは昌浚:朝は天子の?感」はこれを反映するテストの苦痛の过程:

「読まない権力(権利)があって、文字を知らない金持ちでもないということを自慢してこういった。神様が倒れているのを公認の力だけでは、ウサギ心偏賢と愚無識別可能だ。挫折の英雄、消耗良善ほど利口越運蹇。志高如鲁さえ、徳あっ闵骞、依そのものだけってだった」と話した。

古学(古道学の発展には、客観的に補完して中国の古典詩語が不足しているユーモアの不足で、豊かであった文学作品に対する誇張・ずれたり、奇妙な、とんでもない、からかい、谐谑などの表現だ。中国で詩歌そのものが立てた3番目の道を開いた。

第四は、敍事の文化があります。特殊な环境が形成されている特殊な人文精神と風変わりな敍事の文化があります。このような元もののすなわちは中国の詩が文化発展の重要な部分を占めている。诸葛亮孔明山水の奇绝されなくても、多くの边塞で作られた詩人である。山(右から4番目)王:王維、王翰、王之涣(専門家によると、王昌龄考証そのの喜んでテウォン)を饰る盛唐詩壇だった。王昌龄1首の出塞』を「秦时明月漢時が関わるので、万里征人未も経った。しかしヨンソン飞びは、教えてあげない胡馬度の低いだろう」と話した。イントネーションかんだかい、迫力に流され、全国に知らされたが、これを「引き立た七绝に押し付けようとしている压卷作」(门語)を記録した。そうでなくても「一編のある汉诗です半三晋」は、から伝わった山西古代関詩、私が読んだが約450件あまり。如:汉字刘彻「秋風辞」、とうげんそう李隆基『暁渡蒲津』、曹操『くかん行」、李白の詩「古風五十九曲の十四」、陈子昂>(ウィ大従軍」、江総『并州き損坂』、立っ『幽重马术』、李颀『奥歯にもののはさまったようで曲」で、剽窃『雁人胡人歌』、者、「題西白涧』、于谦わずかkwun』、いささか竜门』、元好问『南关」などがある。ここ选读き損并州南朝江総『坂」:

三春別帝郷、五月度をき損しなければならない。

本急に車輪が折れ、めくるああ馬骨伤だった。

惊风からかいき雁じゃ、落照胡さんに最善を尽くした。

銀行关山定、御ぜん凉しいのです。

清によれば「テウォン府志』によれば、「天门や、凌井とともににつながり、ねじれを挟んだ。山の東を天に行ったり、城が五十里;山の西に最善を尽くしたが、凌井、八十里だ。险阻、その横には深い沟、末清新設巡司だった」と話した。天関と、凌井関とつながっている一匹の谷の通路は、并州き損坂。天関に位置し、太原市尖」とが『芝生区と阳曲県の境にある西関口村北一里ヵ所だ。せんだって僕、御旅行での登関ジャニ階、歩いて曲がりくねっ坂に観「天積雪」を寻杨家将遺跡の感想だ。

確かに山西関詩が、その主な风格は流され、調子や劲健、豪気と苍凉だった。用す二十四動画」が吟味するとすれば、それは「横田ゼツ宇宙」、「窅然空いて消えて」、「本当に力弥満」「いい気が虹」だった。

诸葛亮孔明の扉もデファードタイムでオフにしてたのに、一方で二重性が生じやすい保守的思想、他方で丛书の開放できるような存在だった。『愚公移山」のストーリーは、晋东南太行王屋山の中だった。山西古人とっくに憧れ、愚公の開放を開拓精神は、早くから桐た山西人の血液だった。実は、それは「信義、忍耐と革新を、山西の精神で頑張れば」となったのである。

山西は典型的な北国省に。毛沢東は1936年2月に渡航を黄河时红军さんが、秦晉高原なりの「北の国の风景」して、歯ごたえのある船。雪」だった。彼それでは豪放な敍事のスタイルは、当代の詩人を树立した。数人の偉人が書いたと山西関関さんの詩の中で、私は好きですが楼船汉字刘彻乘に入って汾河黄河の中に書いた「秋風辞」は「秋風が吹く梧楸白云飞、草木の黄落(てん雁南帰する。兰秀菊芳を怀(なつか)だった。汛梧楸楼船済汾河を横梁素に来てください。しょうドラム鳴く発棹歌、楽しくて(た、少壮几时梧楸を奈何」书く冬雪毛詩を書い刘诗秋風は、すべて书き北国の栄光の万古わかりやすい。私は考えていたが、山西、こんな所にどうしてそんなに强大な出川哲朗行きが引き金となった詩人の激情だったのだろうか。原因は多面的な。だが、その独特の関文化の魔力は決して無視できる。

私は、2010年、山西、図书馆「文源登坛」では古今边塞诗の比較」を掲げ、発掘地域文化の特色を持つ供給し、山西北国诗风だった。をとった後、『唐槐を咏苑」を開拓した「黄河情韵』コーナーを诗友たちに投稿したコラムで熱いを組み合わせて、2012年の発表は、百曲黄河論じあっている。その大部分は关津詩だ。初歩的実験を通じて、山西、パソコン19万8000円を陶冶を自ら気性を終えれば、书けいい詩だ。

山西パソコン19万8000円は诸葛亮孔明とか、黄河文化、晋商文化、五台文化などが含まれている。道路の脉络はお互いにくいだった。私たちが発掘された地域文化の目的のためではなく、研究のための歴史ではなく、ご飯をきちんと屈强自身を増やし、気力を创作水準を高める敍事昨年上半期、敍事のスタイルだった。地域のスタイルを作り出せから由来し。「作者积久に力を入れず、助長、養は长くて、変化で自生し、交换は凡そ骨だった。」「(清・沈德潜詩晬语)個人の暮らしの換はを見わたすと同様には弾かれたようだった。

地域スタイルと形成私的风格のように、ものではない」とのことであって、長年の努力が必要だ。地域の主流スタイルに、个人の风格の花咲くを否定しない。山西省地域のうち、诗风壮大の美しさも秀丽の美しさだった。

革新しなければならないが、山西敍事でなければならないという前提の下、とうの革新がありません。革新を積極的に支持するが、それよりは形式を重視しなければならない内容を配り、境地を重ねている。作詩があってこそ生命力を革新しなければならない;新境地があってこそ生命力をしなければならない;作詩接地気があってこそ生命力を得る。山西敍事書くの黄土匂い、汾酒匂い、陈醋息づかいと风云気配があっての生命力を得る。风云が雄关気でなければならない山西の詩語の代表的なスタイルだった。

作詩が再び台頭してきた時代の山西、山西、深くて太くなった関文化、定」になると山西敍事の発展の推進力である。介绍:「賦」