您的位置: 首页 > 旅游动态 > 正文

「血を雁门关」(映画)文学賞」の「好了

发布时间:2014-06-25  点击次数:722

忻州日報文化観光週刊誌が、最近、山西省の作家協会が発表した10—12年度「何らかの文学賞」受賞者のうち、张卫平、王国伟『血を雁门关」(映画)で1位を占めた。

「何らかの文学賞」は、中共山西省委員、省政府設立、山西省作家協会の主催で、一项の激励全省作家創作優秀文学作品や社会主義文学事業の繁栄と発展賞を受賞したのであり、私の最高の栄誉の文学賞を受賞した。张卫平、王国伟の作品である「血を雁门关』は、魔法少女リリカルなのは、"演劇文学賞別了文学賞」だった。张卫平は私の著名な青年作家、代县人だったのが、主な著作に短编小说「少年の小さな摇车』、『野魂』、長編小説「白狼』、『采配长文雁門」にして、文化の姿『雁門边塞文化探源』、『代县文化图志」など、現に勤める山西省の作家協会の山西人文学部のだった。

「血」編は雁门关抗戦の初期忻州内で発生したエピソードだ。1937年盧溝橋事件、北平、大同が相次いで陥落しなければならない。日本の板垣師団連戦連勝し、忻口攻撃山西合戦の成否はテウォンの安否だ。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と浦項は、鉄道と平型关道路」とし、「韓国軍が破壊され、一線の雁门关として浮上した日本軍に提供忻口给养と兵力の唯一の运输线だった。保衛テウォンの施行に合わせて、友軍に作戦を、私八路军派120師団1部に雁门关、阻击战実施伏击战を完全に無力化した日本軍の唯一の生命运输线、ストーリーがスタートする。我が身を緊張させている紆余曲折を打つことで熱い。八路军父子同時として描いた田老旺和田順、日本軍の渡辺雄一は、雄一兄弟の运命だ。彼らは生命の代価は視聴者に解釈した戦争と人、暴力や人情の人間性をテーマとなっている。(雲本)